健康はまず第一、その次がお客さんに選ばれるようになること。

車の下取りを行うセールスマンは是非実践したい、セールス五カ条

トップに上りつめるためのセールス五力条。私のセールス五力条ともいえるものをまとめてみた。第一章のまとめとして、セールスマンとして何が大切かを考えた結果、これらに思い至った。①体力、健康第一②二位以下はビリと同じ③お客さんを選ぶのではなく、お客さんに喜ばれるセールスマンを目指せ④つねに共存共栄を旨とし、周囲の人を大切に⑤報酬を先に考えるな、結果が先であるいかがなものだろうか。おそらくこの本を読んでくれる人は、ほとんどが私よりもずっと若いセールスマンの方々だろう。

なかには、セールスについて悩み、やめてしまおうかと思っている人もいるかもしれない。しかし、本書を読み進んでもう少し頑張ってみて欲しい。確かに辛い仕事ではあるが、頑張りが実績となって現れてくる頃、それは面白さに変わっているはずである。その日は、必ずやってくるのだ。若い人たちの頑張りを期待している。社会人のスタートは小学校の先生だった。私は1969年、38歳のときに車のセールスマンになった。世間一般からすれば、ずいぶん遅いスタートである。それまでの略歴を簡単に紹介しよう。

私は1931年(昭和6年)に新潟県五泉市に七人兄弟の四男として生まれる。父親が東蒲原郡三河村にある上小谷渡(かみこやど)小学校の校長として赴任するのを契機に、当地へ引っ越す。当時、三河村は電気もなく、引っ越して2年ほどはランプ生活を送っていた。旧制の県立村松中学校(現在の村松高校)へは、阿賀野川を渡し舟で渡り、汽車を乗り継いで通っていた。小さい頃から機械が好きで、中学を卒業したら修理工場に入りたいと思っていたが、父の薦めもあり、代用教員として地元、三河村の上小谷渡小学校で働くことになる。
家族が増えたという事でそろそろ大型の車に買い替えようと思って車買取をしてもらったところ、予想していたよりも高額の買取をしていただけたので、最近は良心的になってきたのだなあと思います。
愛車を売りに出すときは、ちゃんとした業者に見てもらいたいという気持ちがどうしても自然に湧いてくるものです。車査定の額がちょっと高かったりすると、愛情こめて乗ってよかったなと思います。
みんなどこで車下取りに出しているんでしょう。最近はネットで一発査定してから下取りに出したりもできるみたいで、便利ですね。私はいつも知り合いの人に直接お願いしています。


当時のホンダはまだ、オートバイのメーカーとしてのイメージが強く、同社の前身もオートバイの販売だった。私はその整備の責任者、工場長として働くことになった。そして、同社が四輪販売に力を入れだした69年頃、私もセールスマンとして販売を担当することになったのだった。このときすでに30代も終わりに近づいていたというわけである。

ホンダのヒット商品で勢いに乗る。遅いスタートではあったが、私はそれほど不安は感じていなかった。それまで整備担当としての付き合いで、お客さんたちとはすでに面識があったし、これらのお客さんから紹介を得ていけば、そこそこの台数は販売していけるだろうという自信はあったのである。当時の車はいまよりもずいぶん故障が多かった。

新着記事
2013/09/15 オススメ記事を更新しました。
2013/09/11 新着記事を更新しました。
2013/09/10 生活もやや安定を更新しました。
2013/09/07 自衛隊のマドンナを更新しました。
2013/09/05 幹部クラスの車両を更新しました。
2013/09/03 エンジンを解体を更新しました。
2013/09/02 車の下取りを行うセールスマンは是非実践したい、セールス五カ条を更新しました。
2013/08/30 ホームページをリニューアルしました。

オススメ紹介
車買取比較.com廃車ドットコムカローラ買取査定 - 中古車売却査定
最大10社の業者の査定が一括でできるので業者選びが簡単にできます。下取りをしても価格が付かない事故車や過走行車などに対応している全国対応の買取業者。漫画付きの中古車を一番高く売る方法を紹介してくださるわかりやすいサイトです。